卒業生のメッセージ

卒業生のメッセージ(幼児教育学科)

新潟青陵大学短期大学部 幼児教育学科卒業生

※所属等はすべて取材当時のものです。

保育士

広沢 ともみさん 幼児教育学科 2014年度卒業

新潟市立あじほ保育園
広沢 ともみさん
幼児教育学科 2014年度卒業
新潟県 巻高校出身
取得資格: 幼稚園教諭二種免許状/保育士/社会福祉主事任用資格/介護職員初任者研修課程修了/マイクロオフィススペシャリスト(MOS)[Word・Excel]

楽しくて安心できる子どもたちの居場所をつくる
青陵でお世話になった実習先が地域に密着した活動に力を入れており、地域で子どもたちを育てる雰囲気に感銘を受けました。そこで自分が育った新潟市で地域に寄り添った保育をしたいと思い、新潟市の保育士になることを決意。現在勤めているあじほ保育園は、畑で芋の苗植えや収穫を小学校と合同で行ったり、中学生が職業体験に来たりと地域連携が盛んな園で、その交流のなかから子どもたちの成長を感じる場面がたくさんあります。
1年目で担当した年少クラスの園児たちは、そのまま持ち上がりで3年間担当しました。行事を経験することで成長する子が多く、なかでも年少・年中と運動会に出られなかった子が、年長のときにはじめて全種目に参加できたときは感動!ご家族も「ありがとうございました」と泣いてよろこんでくださり、私自身もがんばって良かったなと強く感じました。保護者の方には安心感を持っていただけるよう、日頃から連絡帳や送迎時の声掛けを大事に、連携しながら子どもの成長を見守る体制づくりを心がけています。
私には憧れの保育士の先生がいます。それは私が保育園に通っていたときの先生で、子どもたちのためにとても一生懸命で、壁面構成やそのほかにもいろいろな制作物をつくってくれた方でした。私もいろいろなものをつくって遊びを提供したいと思っており、青陵の授業でたくさんの種類の制作物を教わったり、子どもも折りやすいおりがみの折り方などを学べたことで、実践に役立っています。私自身が先生のおかげで保育園が大好きになったので、私が担当している子どもたちに「楽しい」「保育園好き」と思ってもらえるように、保育園を子どもたちの安心できる場所にしていきたいです。

保育教諭 ※

押見 歩子さん 幼児教育学科 2016年度卒業

社会福祉法人 松海社会福祉事業協会
松の実 第二こども園
押見 歩子さん
幼児教育学科 2016年度卒業
新潟県 新潟中央高校出身
取得資格:幼稚園教諭二種免許状/保育士/社会福祉主事任用資格

子どものやる気や好奇心を引き出して成長につなげたい
保育教諭は毎日子どもの「できた」「楽しい」「面白い」と目を輝かせる姿を間近で見守り、一緒によろこび合える素敵な職業です。1番の魅力は、子どもたちの成長を感じたときや「もっとできるようになりたい」と次のステップへ進もうとする姿が見られたときに感じます。反面難しさとして、大事な子どもの命を預かっているという責任もともなうため、安全を守ることに細心の注意を払っています。
就職先に選んだのは、短大1年生の夏に実習で訪れた認定こども園です。先生方から「こうしたほうがいいよ」「ここがすごくよかったよ」と丁寧なアドバイスをたくさんいただけたことや、園の温かい雰囲気に惹かれて志望しました。働きはじめてからは、特に青陵でたくさん習った手遊びうたを活用しています。先生から教えていただいたり友人が披露していたうたを紹介したところ、子どもたちに大好評。年齢の発達にあった教育内容も青陵で学んだことが活きている場面が多く、実践的な指導は今もとても役に立っています。
こども園は子どもたちにとってはじめての社会生活であり、最初は本当にうまくいかないこと、できないことだらけ。そのなかで一人ひとりの得意なところをたくさん見つけて伸ばしてあげて、苦手なところは一緒に寄り添ってひとつずつその子にとっての成長ができたら良いのではないかと思います。異年齢のお友だちと関わることも園でしかできないことなので、大人数だからこそできる遊びをたくさん経験させてあげたいですね。子どもの好奇心ややる気をたくさん引き出すような楽しい遊びや関わり方や遊び方をもっと身につけ、保護者や先生方からも信頼されて、「この先生なら安心して任せられる!」と思ってもらえる先生になりたいです。

  • ※「保育教諭」とは、幼保連携型認定こども園での勤務に必要な、幼稚園教諭免許状と保育士の両資格を持つ職員のことです。