福祉心理学部

【臨床心理学科】

人のこころに関わり、支援する。

公認心理師への対応についてNew!

2018年度より公認心理師の資格取得に向けたカリキュラムに対応

本学は臨床心理学科および併設の大学院臨床心理学研究科のカリキュラムにおいて、大学から大学院までの6年間で、一貫した教育を行うことができる環境が整っています。臨床心理学科での大学4年間と臨床心理学研究科での大学院2年間で所定のカリキュラムを履修し単位を取得することで公認心理師の受験資格を得ることができるため、公認心理師の資格取得をめざす方には有利な環境です。

学びの特徴

Point1 新潟県内唯一の臨床心理学科

こころに寄り添い、ケアできるスキルを身につけます。「こころについての学びを深めたい」というニーズに応え、4年間のカリキュラムのなかで基礎的な心理学から応用の心理学まで、順序立てて学ぶことができます。幅広い心理学の知識は相談・補導・指導などの専門職はもちろん、企業の営業や人事部門など、人と関わる職場ならどんなところでも役立ちます。「こころの支援」が求められるあらゆる実践現場へと活躍の場は広がっています。

Point2 臨床心理士・公認心理師を養成する大学院を併設

併設する大学院の教員も授業を行い、現役で臨床の現場に携わる教員から実践的なアドバイスを受けることが可能。臨床心理士・公認心理師をめざす人は早期から大学院進学を見据えた学修・研究をスタートできる環境です。さらに大学院の附属機関である臨床心理センターが学内に設置されており、専門的な学びを支える環境が整っています。

Point3 観察力、コミュニケーション力、調整力、調査・分析力が身につく

実際に人と関わりながら学ぶ機会が多く、他者の立場に立つ、自分を表現するなど、社会で役立つスキルを修得。また、心理学の手法を学ぶことにより、基本的な調査や分析力も身につきます。さらに「社会福祉学」も学部共通科目・他学科聴講科目で学ぶことができ、所定科目の履修で「社会福祉士国家試験受験資格」を取得することできます。

  • 取得可能な資格
    ■公認心理師(国家試験受験資格)※ ■社会福祉士(国家試験受験資格) ■認定心理士
  • 活躍のフィールド
    ■法務技官(心理) ■心理判定員 ■施設の相談員・支援員 ■公務員 ■一般企業 ■大学院(臨床心理学)進学 など
※本学で公認心理師をめざすには(2018年度以降入学生対象)

以下の1・2の条件のいずれかを満たすことで『公認心理師』の受験資格を得ることが可能となります。

  1. 指定科目を履修し卒業後、本学大学院臨床心理学研究科または公認心理師受験資格取得可能な大学院に進学し、指定科目を履修し修了すること
  2. 指定科目を履修し卒業後、文部科学省令・厚生労働省令で定められた施設において認定された実務経験(2年以上)を経ること
  • *2017年度以前の入学生の方については対応が異なります。詳細は必ずお問い合わせください。
  • *編入学生は対象となりません。

学生の声

福祉心理学科 4年 小池 ほのかさん

福祉心理学科 4年
小池 ほのかさん 新潟県 新潟中央高校出身

心理学を用いた人との関わり方も修得
授業では、実験器具を用いた心理検査や心理テスト、そこからの調査・分析や、自分たちで設定した場面でカウンセリングの演習なども行います。クライエント(依頼者)とカウンセラーになり実際の場面を想定し「どう関わるべきか」を考えます。クライエントを演じることで自分自身にも通ずる点があると気づいたり、カウンセラーの難しさも実感します。ついアドバイスをしたくなりますが、クライエントの話を引き出し自ら道を見つけられるようにしていくことが大切です。コミュニケーションを大切に、気持ちを汲み取るように意識しました。4年間を通し、臨床心理学の知識を学ぶだけでなく自分の発言で相手がどう思うかを考えられるようになり、心理学を用いた人との関わり方も修得することができたと感じています。
また、青陵には大学院が併設されており、臨床心理士の取得をめざせることも大きな魅力です。院進学を考慮した授業もあり、進学を見据えた学修を早くから進めることができました。将来は臨床心理士をめざしています。大学院での学修を通し、活躍できる場を考えていきたいと思っています。

学修の流れ

  1年次 2年次 3年次 4年次
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
学びのねらい  1. 心理学の方法論と心理学的な理論の理解                      
  2. 人の心理や行動に影響を与えるものについての理解      
    3. コミュニケーションの理解と技能    
        4. 臨床心理的なケースの理解と支援プロセスの理解  
            5. コラボレーションと連携への理解と姿勢
自発的な学習 臨床心理ゼミナールⅠ 臨床心理ゼミナールⅡ 臨床心理ゼミナールⅢ 卒業研究
主な専門科目
  • ■臨床心理学概論
  • ■心理学研究法Ⅰ
  • ■知覚・認知心理学
  • ■学習・言語心理学
  • ■心理学研究法Ⅱ
  • ■児童臨床心理学
  • ■心理学実験
  • ■障害者・障害児心理学
  • ■社会心理学
  • ■心理学的支援法
  • ■心理的アセスメント
  • ■心理学概論
  • ■家族心理学概説
  • ■コミュニティ心理学
  • ■社会・集団・家族心理学
  • ■健康・医療心理学
  • ■文化心理学
  • ■社会調査論
  • ■心理実習
  • ■神経・生理心理学
  • ■感情・人格心理学
  • ■心理療法論
資格取得
就職支援
将来を見通した計画を立てる 職種や職域の検討も意欲的に     公務員試験・大学院入試対策    
  • ■キャリアデザインⅠ
  • ■キャリアデザインⅡ
  • ■キャリアデザインⅢ
  就職対策講座・個人面談   就職活動・公務員試験・大学院入試

Pick up 1 心理学研究法Ⅰ・Ⅱ

心理学研究法Ⅰ・Ⅱ(1~2年生)

人のこころのしくみについて理解したり、検証したりするための方法について学びます。疑問に思ったことを調べる方法がわかります。

Pick up 2 心理学実験

心理学実験(2年生)

人の感覚や認知の傾向を実験によって体験するほか、人間の行動に関するメカニズムが、どのような方法を使えばより明確に描き出せるのか、その手法について学びます。

Pick up 3 心理学的支援法

カウンセリング論(3年生)

カウンセリングの考え方、進め方、カウンセリング中に生じる心理的反応などについて具体的に考えます。

Pick up 4 臨床心理ゼミナール・卒業研究

臨床心理ゼミナール卒業研究(1~4年生)

不思議に思ったこと、わからないことなどを調べたり、調べた結果を検討したりして、自分の関心のある分野を深め、卒業研究につなげます。

4年間の時間割例

  • ※時間割は一例です。

1年次(前期)

学科 Mon Tue Wed Thu Fri
社会福祉原論Ⅰ 英会話(基礎)   人体の構造と機能及び疾病 社会福祉
援助技術総論
スタディスキルⅠ     看護・福祉史  
3   地域連携と
ボランティア
臨床心理ゼミナールⅠ 心理学 外国語学習
ストラテジー
  コンピュータ概論 地域文化論/
キャリアデザイン入門
  ICT演習Ⅰ(基礎)
ドイツ語入門 統計学    

2年次(前期)

学科 Mon Tue Wed Thu Fri
  障害者福祉論Ⅰ 発達心理学Ⅰ   臨床心理
ゼミナールⅡ
心理学研究法Ⅱ キャリアデザインⅢ 精神疾患とその治療   学習・言語心理学
3 心理学実験   知覚・認知心理学    
児童福祉論Ⅰ   英語情報発信
(基礎)
 
精神保健学Ⅰ 社会心理学 社会保障論Ⅰ 韓国語会話  

3年次(前期)

学科 Mon Tue Wed Thu Fri
心理演習        
    心理学概論 公認心理師の職責  
3 コミュニティ心理学       福祉心理学
  家族心理学概説      
心理・教育測定法   臨床心理
ゼミナールⅢ
   

4年次(前期)

学科 Mon Tue Wed Thu Fri
    感情・人格心理学    
  司法・犯罪心理学   心理療法論  
3   家族福祉論      
    神経・生理心理学 産業・知識心理学  
        卒業研究