福祉心理学部

【社会福祉学科】 私たちがめざすもの

これからの“ 地域の福祉”を創ります

人、人と環境、環境へ働きかける

社会福祉学の学び

すべての人のしあわせを守るための学問
「社会福祉(福祉)」とは、すべての人がふつうにくらし、そのしあわせが穏やかにつづく社会のしくみづくりを進めるための、様々な取り組みのことです。人口減少、少子高齢化、長引く不況、度重なる災害、グローバリゼーションの進展など、近年の社会構造や自然環境の急激な変化は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代の人々を巻き込む深刻な社会問題を引き起こしています。
「社会福祉学」とは、これらの社会問題に対応するための「社会福祉(福祉)」制度のしくみを理解し、すべての人のしあわせを守るための技術や方法を探究し、それを社会で実際に共有し活かしていくことをめざしていく学問です。

社会福祉の専門家が求められている理由

誰もが安心して暮らすことができる社会の実現をめざす誰もが安心して暮らすことができる社会の実現をめざす
多くの課題を抱える私たちの社会では今、専門知識・技術を持った社会福祉のプロフェッショナルが強く求められています。一人ひとりの暮らしの場で、制度や地域の資源を活用したり、直接的にサポート(保育や介護、相談)を行うことによって、それぞれが抱えている問題の解決にあたる専門職者なしには、どんなに素晴らしい社会福祉制度が整っていたとしても、それを真に活かすことはできません。誰もが安心して暮らすことができる社会の実現をめざすため、社会を変えていくためには、社会福祉のプロフェッショナルが必要です。

社会福祉学科の教育体制

一人ひとりの個性を尊重し活かす
制度や施設といった社会のしくみを、その社会福祉本来の目的である「ふつうのくらしを支え、しあわせを守る」ことにつなげるためには、サポートやケアにおいて一人ひとりの満足につながるような温かい実践がなされることが重要です。本学科は、人との関わりを大事にし連携する力、豊かな人間性、教養、倫理観、そしてありのままのその人を受け止めることができる柔軟な姿勢を身につけるため、学生一人ひとりの個性を尊重し活かすことができる教育環境を整えています。

少人数教育

初年次導入教育から実習指導、卒業研究に至るまで、学生と教員の双方向的なコミュニケーションを重視した少人数学生グループによる指導を行っています。そのため、個々の学生の学修達成度や基礎的教養力の把握、実習上の諸課題等の必要なアセスメントと適切な指導が可能です。

教員との距離の近さ

教員の人数が多く、グループ単位での少人数教育をはじめアドバイザー制度など、学生の学修および大学生活を支援する体制が整っています。社会福祉学科ではさらにコース制を敷いているため教員との関係がより密なものとなり、学生をしっかり支える面倒見の良さと学生と教員の距離の近さが自慢です。