福祉心理学部

【社会福祉学科】ソーシャルワークコース

「その人らしく」を支えるソーシャルワーカーになる

学びの特徴

Point1 社会福祉士&精神保健福祉士のW取得が可能

福祉を幅広く学べるのが特徴です。全員が両資格W取得を希望でき、あらゆる福祉分野で相談職として活躍できる力を身につけます。国家試験対策も充実。3年次よりはじめる集中講義や演習、模擬試験など万全のバックアップ体制が整っています。

Point2 めざす将来に合わせて柔軟に科目選択できる

自分の興味や目標に合わせて他学科の科目も履修できる柔軟なカリキュラムが特徴です。社会福祉に加えてそれらの学修に取り組むことで、社会福祉はもちろん、教育機関や医療施設、一般企業など、活躍の場の可能性が広がります。

Point3 心理も学べる

相手の気持ちを理解する力を育てる心理学系科目を、学部共通科目・他学科聴講科目で豊富に用意しています。所定科目の履修で「認定心理士」資格も取得できます。心理学を学び身につけた力は、社会で大いに役立ちます。

  • 取得可能な資格
    ■社会福祉士(国家試験受験資格) ■精神保健福祉士(国家試験受験資格) ■認定心理士 ■MSW(医療ソーシャルワーカー)※公的な資格ではありません。
  • 活躍のフィールド
    ■行政・施設の相談員、支援員 ■コミュニティソーシャルワーカー ■公務員 ■一般企業 など

学生の声

福祉心理学科 4年 坂本 真有子さん

福祉心理学科 4年
坂本 真有子さん 新潟県 新潟西高校出身

ひとつのことに捉われない見方ができるように
社会福祉士と精神保健福祉士両方の資格取得をめざし、大学に入学しました。対人援助の業務においては、解決に向けての決まった答えがなく、利用者さんに「こうするべきだ」と私たちが決めるわけではありません。最終的な決定権は利用者さんにあり、私たちができることは多くの選択肢を提示することです。授業のなかで事例問題をグループで検討する場面があるのですが、回を重ねるごとに周囲の意見や視点から得ることが多く、自分の考え方の癖や偏った視点に気づかされました。視野を広く持つことで少しずつ選択肢を増やすことができるようになりました。また、ボランティアを機に通った老人保健福祉施設では、同じ話を繰り返す認知症の方に接し、“記憶は無くなっても過去の感情が残っているから繰り返す”と知り、その都度声掛けを変えることで次の会話に変化があるという体験を積むことができました。4年間を通しひとつのことに捉われない多面的な見方ができるようになったと感じています。尊敬できる先生方に出会い、人の気持ちにふれ感謝をすることも多くなりました。卒業後は人の気持ちに寄り添えるソーシャルワーカーをめざしたいです。

※学年は2017年度のものです。

学修の流れ

  1年次 2年次 3年次 4年次
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
学びのねらい  ともに学ぶ仲間に出会い、大学での学びの楽しさと学び方を知る                        
        様々な人とその暮らし、社会に興味を深め、社会福祉の必要性を捉える                
                コミュニケーション技術、福祉理念や実践を専門的に学び身につける        
                        将来の進路を定め夢の実現へ向けてまい進する・
これまでの学びの統合化
自発的な学習 スタディスキルⅠ スタディスキルⅡ                        
社会福祉ゼミナールⅠ・Ⅱ 卒業研究Ⅰ・Ⅱ
演習・実習                 社会福祉援助技術現場実習 (6・10月) 精神保健福祉援助実習 (2~3月、5~6月)    
        社会福祉援助・相談援助技術演習
                精神保健福祉援助演習
主な専門科目
  • ■社会福祉原論Ⅰ
  • ■心理学
  • ■老人福祉論Ⅰ
  • ■社会福祉援助技術総論
  • ■人の暮らしと社会保障
  • ■権利擁護と成年後見制度
  • ■精神保健学Ⅰ
  • ■障害者福祉論Ⅰ
  • ■児童臨床心理学
  • ■児童福祉論Ⅱ
  • ■社会福祉援助技術演習
  • ■医療福祉論
  • ■福祉行財政と福祉計画論
  • ■地域福祉論Ⅰ
  • ■社会学
  • ■社会福祉援助技術現場実習・指導
  • ■精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ
  • ■精神保健福祉援助実習・指導
  • ■相談援助技術演習Ⅱ
  • ■家族福祉論
  • ■国際ボランティア論
  • ■カウンセリング論
資格取得
就職支援
将来を見通した計画を立てる 職種や職域の検討も意欲的に   社会福祉士・精神保健福祉士国家試験対策講座
  • ■キャリアデザインⅠ
  • ■キャリアデザインⅡ
  • ■キャリアデザインⅢ
    公務員試験対策    
                就職対策講座・個人面談 就職活動・公務員試験

Pick up 1 5~6人の小グループで先生・仲間とともに学ぶ

5~6人の小グループで先生・仲間と共に学ぶ

1年から開始する少人数ゼミ。社会福祉・精神保健を専門とする専任教員が担当し、初歩から卒業まできめ細かく丁寧に指導します。

Pick up 2 様々な演習・実習授業で、体験的、具体的に学ぶ

様々な演習・実習授業で、体験的、具体的に学ぶ

演習はグループワーク、ロールプレイなどを通して学ぶ参加型学修。学外実習では施設、病院、相談所などでの実践から学びます。

Pick up 3 授業科目にも盛り込まれた国家試験対策

授業科目にも盛り込まれた国家試験対策

3年次から国家試験対策科目や受験対策講座を開始します。学内で模試を受けることも可能です。仲間同士の学習会を教員も応援します。

Pick up 4 幅広い分野への就職活動を応援

幅広い分野への就職活動を応援

福祉専門職になりたい、公務員になりたい、一般企業で活躍したい!という学生の多様な進路希望に合わせた就職活動を応援します。

4年間の時間割例

  • ※時間割は一例です。

1年次(前期)

学科 Mon Tue Wed Thu Fri
社会福祉原論Ⅰ   老人福祉論Ⅰ 人体の構造と機能及び疾病 社会福祉
援助技術総論
社会福祉ゼミナールⅠ
/スタディスキルⅠ
英会話(入門)   看護・福祉史 介護概論Ⅰ
3   心理学 ICT演習Ⅰ(基礎) コンピュータ概論 外国語学習
ストラテジー
  地域連携と
ボランティア
地域文化論/
キャリアデザイン入門
韓国語入門  
       

2年次(前期)

学科 Mon Tue Wed Thu Fri
  障害者福祉論Ⅰ 発達心理学Ⅰ 児童臨床心理学 社会福祉
ゼミナールⅡ
  英会話(発展) 精神疾患とその治療    
3   社会福祉
援助技術論Ⅰ
  社会福祉
援助技術演習
 
  児童福祉論Ⅰ 精神保健福祉相談援助の基盤(基礎)    
精神保健学Ⅰ 社会心理学 社会保障論Ⅰ 韓国語会話  

3年次(前期)

学科 Mon Tue Wed Thu Fri
      社会福祉
援助技術論Ⅲ
 
    心理学概説 社会福祉
事業運営論
精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ
3 精神保健福祉に関する制度とサービス 精神保健福祉
援助演習(基礎)
社会福祉援助技術現場実習指導 司法福祉論 相談援助
技術演習Ⅰ
精神障害者の生活支援システム   地域福祉論Ⅰ 卒業研究Ⅰ 公的扶助論
  精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅱ 精神保健福祉
援助実習指導
   

4年次(前期)

学科 Mon Tue Wed Thu Fri
         
  精神保健福祉
相談演習(専門Ⅱ)
  文学  
3 相談援助技術演習Ⅱ     人の生と死  
  精神保健福祉援助実習指導      
社会福祉特別演習       卒業研究