幼児教育学科

幼児教育学科の学び

カリキュラム

幼稚園教諭・保育士の両方に必要な科目 幼稚園教諭に必要な科目 保育士に必要な科目 本学科の特色科目

  1年次 前期 1年次 後期 2年次 前期 2年次 後期
一般教育科目等
  • 心理学
  • 音楽
  • 教養Ⅰ(国語)
  • 物理学
  • 地域ミッションインターンシップ
  • 基礎ゼミ
  • 教養Ⅱ(数学)
  • 基礎ゼミ
  • 教養Ⅰ(国語)
  • 教養Ⅱ(数学)
  • 歴史
  • 地域ミッションインターンシップ
  • 文学
  • 生物学
  • 日本国憲法
  • 美術史
  • 日本語表現法
  • 経済学
  • 生活科学
外国語科目
  • 英語Ⅰ
  • 英会話Ⅰ
  • ドイツ語Ⅰ
  • 中国語Ⅰ
  • 英語Ⅱ
  • 中国語Ⅱ
  • ドイツ語Ⅱ
 
  • 英会話Ⅱ
保健体育科目
  • スポーツ
   
  • 体育講義
専門科目
  • 子どもの保健ⅠA
  • 保育原理
  • 社会福祉概論
  • 音楽ⅠA
  • 音楽ⅠB
  • 図画工作Ⅰ
  • 体育Ⅰ
  • 情報処理演習Ⅰ
  • 発達心理学Ⅰ
  • 保育内容総論
  • 人間関係指導法Ⅰ
  • 表現(造形)指導法Ⅰ
  • 幼稚園教育実習
  • 子どもの保健ⅠB
  • 社会的養護
  • 児童家庭福祉
  • 国語
  • 音楽Ⅱ ※1
  • 情報処理演習Ⅱ
  • 教育学概論
  • 教育心理学 ※1
  • カリキュラム論
  • 健康指導法Ⅰ
  • 言葉指導法Ⅰ
  • 表現(身体)指導法Ⅰ
  • 表現(音楽)指導法Ⅰ
  • 乳児保育
  • 障害児保育Ⅰ
  • 幼稚園教育実習
  • 保育実習Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅰ
  • 子どもの保健Ⅱ
  • 相談援助
  • 子どもの食と栄養
  • 音楽Ⅲ ※1
  • 体育Ⅱ ※1
  • 教育心理学演習
  • 乳児保育
  • 臨床心理学
  • 環境指導法Ⅰ
  • 教育制度論 ※2
  • 言葉指導法Ⅱ ※1
  • 社会的養護内容
  • 教育方法論 ※2
  • 幼児理解 ※2
  • 教育相談 ※2
  • 障害児保育Ⅱ
  • 保育実践演習
  • 幼稚園教育実習
  • 保育実習Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅱ
  • 保育実習指導Ⅲ
  • 子どもの食と栄養
  • 保育相談支援
  • 家庭支援
  • 音楽Ⅳ
  • 保育者論
  • 図画工作Ⅱ ※1
  • 発達心理学Ⅱ ※1
  • 健康指導法Ⅱ ※1
  • 人間関係指導法Ⅱ ※1
  • 環境指導法Ⅱ ※1
  • 表現指導法Ⅱ ※1
  • 保育実践演習
  • 幼稚園教育実習
  • 保育・教職実践演習
  • 保育実習Ⅰ
  • 保育実習Ⅱ
  • 保育実習Ⅲ
  • 保育実習指導Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅱ
  • 保育実習指導Ⅲ

※1…幼稚園教諭・保育士の両方における選択科目 ※2…保育士のみ選択科目

Pick upカリキュラム

  • 音楽ⅠA

    音楽ⅠA

    保育現場で必要な弾き歌いなど、課題をクリアすることを目標に、ピアノと歌の基礎的な技能をそれぞれのレベルに応じて強化します。

  • 言葉指導法

    言葉指導法

    「言葉」領域での指導法の理論と実践を学びます。子どもの言語発達過程や言語理解能力に関する理論を学び、絵本の読み聞かせ・紙芝居・素話などを体験します。

2年間の時間割例

1年次(前期)

学科 Mon Tue Wed Thu Fri
発達心理学Ⅰ   社会福祉概論 スポーツ 物理学
保育内容総論 幼稚園教育実習指導 図画工作Ⅰ 英語Ⅰ 情報処理演習Ⅰ
3 体育Ⅰ 音楽ⅠA 音楽ⅠB 表現指導法Ⅰ  
子どもの保健ⅠA 保育原理   音楽 人間関係指導法Ⅰ
  社会の理解Ⅱ    

2年次(前期)

学科 Mon Tue Wed Thu Fri
        音楽Ⅲ
幼稚園教育実習指導 法学Ⅰ 保育実習指導Ⅰ    
3   社会的養護内容 教育心理学演習 障害児保育Ⅱ 子どもの食と栄養
保育実践演習 環境指導法Ⅰ 相談援助 乳児保育 子どもの保健Ⅱ
表現指導法Ⅱ       生物学

学生の声

幼児教育学科 2年 林 風歌さん

幼児教育学科 2年
林 風歌さん 新潟県 長岡向陵高校出身

“実習”や“授業でのディスカッション”から得たもの

  • 子どもの気持ちに共感する

    はじめて本格的に乳幼児と関わる実習は緊張と不安でいっぱいでしたが、様々な事例を学んでいたことや人形を使ったおむつ交換・おんぶの仕方などの演習のおかげで、スムーズに踏み出すことができました。クラス全体を運営するなかで、突発的に起こることにも臨機応変に対応しなくてはならず、想定通りにはいかないこともありましたが、どんなときでも、まず子どもの気持ちに共感し、寄り添うことが大切だと気づけたことが大きな収穫です。

  • 事例をもとに“自分なら”を考える

    グループディスカッションを行う授業がたくさんあり、保育現場や家庭内での事例について個々に意見を出し合うことがありました。たとえば、「時間がないときに子どもが自分で服を着たいと言ったらどうする?」といったケースには、「少しだけ手伝うが、がんばる機会を与え達成感を持たせる」「全部できるまで待つ」など子どもの思いを尊重するような様々な意見が出ました。それぞれの考えを共有することで、自分の視野が広がった気がします。