【人間総合学科】
 人間総合コース

【人間総合コース】ファッション・インテリア

ここに集うみんなが幸せになる瞬間をつくります。

学びのポイント

  • Point1
    わたしが「カワイイ」の主役になる。

    アパレルやインテリアは自分を自由に表現することができ、人を幸せにすることもできるツールです。ファッションショーを通して、服について学びながら創造と表現する楽しさ、人に感動を与えるよろこびを体験できます。

  • Point2
    業界で輝く“プロフェッショナル”をめざす。

    「カワイイ」だけでなく「クール」な業界人となるため、素材や生産・流通・消費分野の基礎知識を体系的に身につけたプロをめざし、消費者の視点から商品を専門的に捉えることを学びます。

  • めざす資格

    • 2級衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)
    • ファッション販売能力検定 3級
    • ファッションビジネス能力検定 3級
    • 色彩検定 1・2・3級
    • リビングスタイリスト 2級
    • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS) など
  • 卒業後の職種

    • ファッションアドバイザー
    • ファッションコーディネーター
    • アパレル販売職
    • アパレル営業職
    • インテリア・家具販売職 など

Pick upカリキュラム

  • インテリアデザイン実習

    インテリアデザイン実習

    インテリア空間を図面や形で表現する方法を学びます。最後の模型制作では、インテリアデザイン概論で学んだことを活かし、窓のデザイン、カーテンの選択や取り付け方、家具の配置、照明計画を行います。

  • 消費科学

    消費科学

    アパレル製品の品質、生産・流通、消費について科学的、総括的に学び、とくに衣料管理士になるためにもっとも大切な、メーカーや流通業者と消費者の橋渡し役としての役割を理解する科目です。

Pick upゼミナール

  • ファッションデザイン研究

    服装の変遷を時代背景から考察し、流行のファッションスタイルを研究していきます。その後、ドレスのデザインに欠かせない、ギャザー、フレアー、プリーツ、フリル、ドレープなど様々な技法を、実際に布地を用いて形にして、着装発表することを目標に授業を行います。

  • 快適性を測定する

    ストレスの多い現代社会において、ストレスから開放される快適な空間や時間はとても重要です。どんなとき、どんな状態が快適かは、個々人によって違います。私たちの身体から快適なときに発信される様々な信号(脳波、ホルモン、心拍変動など)を調べることで、快適な状態を調査・研究します。

学生の声

ショーを通し“みんなでがんばる”をはじめて経験

人間総合学科 2年 福本 くる実さん

人間総合学科 2年
福本 くる実さん 新潟県 五泉高校出身

2年間を振り返ると、私はファッションショーを通して大きく成長したと感じています。高校生のときに参加したオープンキャンパスでファッションショーを見たときは、「私も着てみたい!」と、つくるよりも素敵な世界への憧れが強かったのを覚えています。しかし実際は生地選びから縫製、ショーの運営まで、多岐にわたる過程があります。グループでのドレス製作やショーの企画・運営では、皆で意見を出し合い、協力することが不可欠でした。これまで部活動などの経験をしてこなかった私にとっては、大変ながらも新鮮で充実した期間でした。
ショーの最後に披露するウェディングドレスはオフショルダーのデザインを考えていましたが、マッチする生地がなかなか見つからず苦労しました。そんな状況で先生に相談すると、私の個性を活かしたより素敵なデザインを提案してくださり、納得のいくドレスをつくり上げることができました。ウェディングドレスのシーンではトリとして出演しましたが、このうえない幸せと達成感でいっぱいでした。
卒業後はアパレル関係の企業に就職します。“2級衣料管理士”の資格取得のため、素材や染色、色彩など衣服に関する知識を学んだので、職場で活かしたいと思います。家では普段着る洋服の素材や洗濯の方法も意識するようになりました。

私は2つのフィールドを選択!

取得資格

  • 2級衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)
  • 色彩検定 2級
  • ファッション販売能力検定 3級
  • ビジネス実務士

5つの履修コース